ふるさと近江 しがの野菜

矢島かぶ

矢島かぶ
永禄年間、織田信長が江州に兵を進めた際、現在の滋賀県守山市矢島町において寺院を焼き、境内で僧侶を殺した。
後日その地にカブを蒔いたところ濃紫色の色彩のよいものができたといわれている。
このカブの種子の出所も不明であるが、近江カブラと聖護院カブラの交雑種と考えられる。

矢島かぶのページへ>>


初めてご利用の方|ご利用特典、お買い物方法、新規会員登録はこちら

太田店長のコレがおススメ!

  • [2021.10.14]

    ●【青パパイヤ苗】2022年春 販売(ご予約)について

    毎年ご好評いただいております「青パパイヤ」苗ですが、 来春も販売させていただくこととなりました。   先日からメールやお電話でお問い合わせをいただいておりますが、 品種・価格・数量等、詳細未定のため、現段階でご予約は承っ...続きを読む>>

  • [2021.08.09]

    偽サイトにご注意ください‼

    この度、当社の代表者氏名と郵便番号。所在地を店舗情報として表示した偽サイトがある事が判明しました。 個人情報を悪用されたり、詐欺被害につながる恐れもあるため、偽サイトへのアクセスや、当店で使用しているIDやパスワード等の...続きを読む>>