ふるさと近江 しがの野菜

カテゴリー: 「カブ」で検索した結果

琵琶湖紅かぶ

滋賀県特産のゆるぎかぶからの変異株と思われる。   茎は緑色、根部は美しい鮮紅色で中身にも赤色が入る。 直径8~10cmの中かぶ。   肉質は緻密で品質がよく、糠漬にすると独特の風味がある。 浅漬にも適する。   琵琶湖...続きを読む>>

近江万木かぶ

万木カブの産地において、根こぶ病の被害が年々増加し栽培上の問題となっていたため、滋賀県農業試験場では昭和56年秋に同湖西分場で選抜した万木カブの優良母本58個体を国の野菜・茶業試験場で鉢上げし、57年4~5月に病気に抵抗...続きを読む>>

ゆるぎかぶ(万木かぶ、萬木かぶ)

古くから蛭口カブラが西庄で栽培されていて、その後近江カブラか聖護院カブラのどちらかが導入され、それらの自然交雑によってできたものと考えられる。 明治の初年万木の人、水口藤助氏が特に改良に意を用いて系統の選抜と採種に努めら...続きを読む>>

矢島かぶ

永禄年間、織田信長が江州に兵を進めた際、現在の滋賀県守山市矢島町において寺院を焼き、境内で僧侶を殺した。 後日その地にカブを蒔いたところ濃紫色の色彩のよいものができたといわれている。 このカブの種子の出所も不明であるが、...続きを読む>>

北之庄菜(北之庄かぶ)

豊臣秀次ゆかりの滋賀県近江八幡市の八幡山附近で古くから栽培されていた色カブの選抜種。 日野菜かぶの変異種であると思われる。    草姿は立性で径約3~4cmで長さ12cmで中長型円筒形。 抽根部があざやかな紫紅色、茎はや...続きを読む>>

日野菜かぶ

原産地は滋賀県蒲生郡日野町といわれ、蒲生郡と、隣接の甲賀郡で多く作られていたが、現在では県外の生産量も多い。   『日野町誌』によれば「日野菜は原と蒲生家の音羽城の附近、爺父渓(やぶそ)と称する地点の野生種にして葉及び根...続きを読む>>


初めてご利用の方|ご利用特典、お買い物方法、新規会員登録はこちら

太田店長のコレがおススメ!

  • [2018.10.01]

    ●休業のお知らせ

    10/04(木)は、社内行事のため、休業とさせていただきます。 インターネット・FAXからのご注文は受付できますが、お電話でのご注文・発送・お問合せのメール返信等はできませんので、ご容赦くださいますようよろしくお願いいた...続きを読む>>

  • [2018.08.06]

    ●休業のお知らせ

    8/14(火)~8/15(水)は、休業とさせていただきます。 インターネット・FAXからのご注文は受付できますが、お電話でのご注文・発送・お問合せのメール返信等はできませんので、ご容赦くださいますようよろしくお願いいたし...続きを読む>>